研究員紹介


地域開発事業総括 大熊 桂樹(おおくま けいき)
役職

統括研究員

分野

産学官連携による地域活性化のトータルコーディネイト支援を行う傍ら、長野県の前6次産業化サポートセンターの統括として6次産業化の推進。
研究実績として「長野県特農産物の機能性に関する研究」「地域農業振興に関する研究」「アグリビジネスに関する研究」等がある。

経歴

塩尻市出身
1984年3月 日本大学農獣医学部(現:生物資源科学部) 農芸化学科卒業
1984年4月 一般社団法人長野県農協地域開発機構入所


地域農業振興 山内 哲人(やまうち てつと)
役職

上席研究員

研究分野

農業経済学、協同組合学
地域の農業振興やJAからの相談に対して資料の用意や提案。
協同組合合同協同や組織連携などJAの事業展開に関する研究。

経歴

東京都出身
2002月3月 北海道大学 大学院 農学研究科 博士後期課程 修了 博士(農学)
2005年4月 日高軽種馬農業協同組合入所
2016年7月 一般社団法人長野県農協地域開発機構入所


地域農業振興 坂 知樹(さか ともき)
役職

研究員

研究分野

JA自己改革や中心的担い手ニーズの把握のための組合員アンケート調査の集計・分析
独禁法と生産部会の運営改善に関する研究
畜産経営の基盤強化や牛肉・牛乳のブランド化に関する調査・研究
業務・加工用野菜の生産・流通対策。地方滞在型インターンシップの効果に関する調査・研究など

経歴

広島県出身
2014月3月 岡山大学 大学院 環境学研究科 博士後期課程 修了 博士(学術)
2014年4月 一般社団法人長野県農協地域開発機構入所

書籍
  • フードシステムの革新と業務・加工用野菜:大学教育出版

    近年需要が拡大している業務・加工用野菜の生産への取り組みは、生産者・JA・流通業者の新たな戦略として、縮小傾向にある国内野菜生産の再興に向けて前述の3者の調査を踏まえて纏められています。


  • 『協同組合研究誌にじ』2017年冬号:一般社団法人JC総研

    「今日的な産地づくりの方策を探る-JAJA中野市ぶどう部会の事例より―」

  • 『農山漁村地域の再生・活性化に向けた若年層の地方人材還流戦略』2017年11月号:一般社団法人JA共済総合研究所

    「信州エクスターンシップにおけるJA長野県グループの取組み」

  • 『農中総研情報』2017年5月号:農林中金総合研究所

    「中心的担い手アンケート調査からみたJAの評価」

  • 『農業と経済』2017年7・8月号:昭和堂

    ブックレビュー、大田原高昭著「新・明日の農協」

  • 『共済総研レポート』2017年8月:JA共済総合研究所

    「信州エクスターンシップにおけるJA長野県グループの取組みと学生からの評価分析」

  • 『経営実務』2017年9月号:全国共同出版

    「担い手の意見を反映した営農事業改革の取組み」


  西井 賢悟(にしい けんご)
役職

客員研究員

研究分野

農協、農産物流通、農業経営

経歴

倉敷市出身
2006月3月 岡山大学 大学院 自然科学研究科 博士後期課程 修了 博士(農学)
2007年4月 一般社団法人長野県農協地域開発機構入所
2016年4月 一般社団法人JC総研

書籍
ページのトップへ戻る